原材料・成分

幹細胞コスメの3種類の原材料を比較【植物性・動物由来・ヒト由来】

更新日:

こんにちは、B子です!

幹細胞コスメを比較していると、どうやら原材料は何種類かあることが分かってきました。

大きく分けると、この3種類です。

  • 植物性
  • 動物由来
  • ヒト由来

今回は、それぞれの原材料は何が使われているのか、またそれぞれの長所や短所について解説していきますね!

植物性の原材料を使った幹細胞コスメの特徴

幹細胞コスメに使われる植物性の原材料でメジャーなものには、「リンゴ」「アルガンツリー」などがあげられます。他にも『LITS(リッツ)』シリーズでは、「シープラント」「パワープラント」という珍しい植物の幹細胞も使われているようですね。

植物は自力で動けないので、何週間も雨が降らなかったり直射日光が照り付けたりする過酷な環境から身を守るため、さまざまな独自の酵素や生命システムを持っています。

そんな植物のパワーを利用した化粧品は従来からたくさんあるのですが、幹細胞コスメの場合は植物の幹細胞を取り出して培養したエキスのさまざまな成分が、年齢肌に特におすすめなんですね。

なかでも、「4か月腐らないリンゴ」として話題の”ウトビラ―・スパトラウバー”は、他の植物と違って、木からもぎ取られたあとでも、細胞を自己再生して生き延びる成分を持っているとして有名です。

植物性原材料の幹細胞コスメには、

抽出や培養がしやすいため、動物やヒト由来のコスメと比べて安価で、たっぷり使える。

動物性のものと比べ、万が一のウイルスや感染症のおそれがない。

等のメリットがあります。

反対に、デメリットとしては、

植物の細胞と人間の細胞は構造が違うため、肌につけてもレセプター(受容体)に当てはまらない=肌細胞が活性化するかどうかは分からない

という説もあります。ただ、実際に使ってみて調子がよいのであれば、データで実証されていないだけで、効果は期待できるのでは?と私は思っています。

「植物性幹細胞コスメ」比較ランキングはこちら ↓

「植物性幹細胞コスメ」のおすすめはこちら ↓

幹細胞コスメ「JFエッセンスS.A」美容液の口コミ!シワに効く?

こんにちわ、B子です! 前回、マッシュアップの幹細胞コスメ『JFエッセンスSA トライアルセット』を1週間使ってみたところ、なかなか使用感が良かったので、美容液「JFエッセンス」と「JFエッセンスS. ...

続きを見る

動物性の原材料を使った幹細胞コスメの特徴

現在、動物由来の幹細胞コスメの原材料として使われているのは、ほぼ100%「羊」の細胞です。

原産国は酪農大国であるオーストラリアやニュージーランドが多いようですね。羊の幼毛(うぶげ)の毛根部分や、プラセンタ(胎盤)から採取された幹細胞を培養しています。

羊の幹細胞エキスのメリットとして、

羊は植物性の幹細胞よりも人の細胞に構造が近いため相性がよく、より効果が期待できる

と考えられています。

ただ、日本では羊由来の幹細胞コスメはあまり広まっていません。デメリットとして次のようなことが懸念されているためです。

羊の飼育環境や衛生管理が不明なため、細菌やウイルス感染が心配される

羊由来のたんぱく質で、人によってはアレルギーを起こす可能性がある

国内では、『たかの友梨ビューティサロン』などで羊由来幹細胞コスメが取り扱いされています。

衛生安全面に関しては、しっかり管理されたメーカーの商品であれば問題ないと思われますが、アレルギーについては使ってみるまで分からないので、購入する場合は、お試しセットや試供品・返品保証のついた商品を選んだほうが良いですね。

ヒト由来の原材料を使った幹細胞コスメの特徴

最後に、いま「副作用やアレルギーの心配が少なく、最も効果が期待できる」と注目されているのが「ヒト(人間)」由来の幹細胞コスメです。

コスメに使われているヒト由来幹細胞は、さらにいくつかの種類に分けられます。

ヒト由来「脂肪幹細胞」

ヒト由来の幹細胞で最初にコスメの原材料として開発されたのは「脂肪幹細胞」です。

コスメには、韓国の20代~30代の女性に提供してもらった皮下脂肪から取り出した細胞の培養エキスが使用されています。

提供者は感染症などの厳密な健康チェックを受けており、幹細胞は無菌ルームで培養されたもので、すべての原材料の記録を保存しているので安全性は高いと言われています。

ヒト由来「神経幹細胞」

その後、さらに高い効果が期待できるとして開発が進んでいるのが「神経幹細胞」です。

こちらは、日本人女性の歯茎から採取した細胞を培養しています。

それまでの脂肪幹細胞培養液と比べ、「チロシナーゼ」を抑制する働きがあるとして注目されています。「チロシナーゼ」は、シミ・ソバカスのもととなる「メラニン」を生成する酵素。この活動をおさえることで、シミやソバカスを予防=美白効果に期待が集まっています。

ヒト由来幹細胞コスメのメリットとデメリット

幹細胞の培養液中には、お肌にある幹細胞を活性化させる成分が豊富に含まれており、これを「成長因子(グロースファクター)」といいます。

ヒト由来幹細胞のメリットとして、

成長因子(グロースファクター)と、肌の表皮幹細胞の形が合うので、高い効果が期待できる

副作用やアレルギー症状が起きにくい

ということが言われています。

デメリットとしては、やはり培養に高度な技術と安全性が求められるため、

大量生産が難しく、他のタイプと比べて価格が高い

ことが挙げられますね。今後、技術の研究が進めば、だんだんと価格は下がっていくかもしれません。

ヒト由来幹細胞コスメのおすすめはこちら ↓

 

おわりに・それぞれの原材料の特徴を知って幹細胞コスメを選ぼう

「植物性」「動物由来」「ヒト由来」の幹細胞コスメにおける、それぞれの原材料による違いがお分かりいただけたでしょうか?

私も、目的に合わせて

  • ケチケチしないでたっぷり使いたい時は「植物性幹細胞」コスメで毎日のケア
  • 目元など特に年齢サインが気になる部分のスペシャルケアなら「ヒト由来」幹細胞コスメをポイント使い

…といったように、使い分けるのがよさそう!と思いました。

皆さんも、原材料の違いと特徴、メリットデメリットを知って、ぴったりの幹細胞コスメ選びに役立てて下さいね。

では、また次回!

-原材料・成分

Copyright© 幹細胞コスメ百科 , 2018 All Rights Reserved.